アテにしていい禁煙方法!成功率バツグンのチャンピックスを使おう

ニコチン中毒を治療

drugs on hand

「禁煙治療薬」のひとつとして販売されているチャンピックスですが、より正確を期すなら「ニコチン中毒治療薬」ということになるでしょう。
「喫煙は、ニコチン中毒という病気である」
これが、チャンピックスを使った禁煙の出発点なのです。ニコチンがなければイライラしてしまう、そのような中毒症状を治療していくことができます。
「主成分バレニクリンが、ニコチンのかわりをする」という方法で、その治療は進められます。チャンピックスを飲むことで、人はニコチンを摂取しなくてもよくなっていくのです。
そもそも人がニコチン中毒になってしまうのは、煙草を吸い続けていると脳に「ニコチン受容体」ができ、そこに煙草によって摂取されたニコチンが結合することで脳内麻薬のドーパミンを分泌するようになるからです。ドーパミンは人に快楽を感じさせる脳内麻薬であり、煙草を吸わない人は性的に充実しているときや何か困難を乗り越えたときに自然に分泌されて気持ちよさを感じられます。
しかしニコチン中毒になると、自然に分泌されるよりたくさんのドーパミンをニコチンで分泌させることができるようになり、脳が気持ちよさを求めて「もっとニコチンを!」という感じになるのです。こうして、人はニコチン中毒になってしまいます。

チャンピックスの主成分であるバレニクリンは体内に入ると、ニコチン受容体と結合してごく少量のドーパミンを分泌させます。
つまりチャンピックスを飲めば、ニコチンがなくても脳が満足できてしまうのです。
バレニクリンはニコチンほど強いドーパミン分泌は行わないので、ニコチン受容体はどんどん小さくなっていきます。そして最終的には煙草を吸わなくても、チャンピックスを飲まなくても平気な状態にすることができるのです。このようにして、チャンピックスはニコチン中毒を治療してくれるのです!